So-net無料ブログ作成
検索選択

伊豆石廊崎 岩の下で君と 後編 [鬼嫁とデート]

 毎度皆さんこんにちは、御訪問有難う御座います。(^^)/

日頃多くのナイス!とコメントあざーす。


 前編では、朝と言いますか早朝まだ夜が明けぬうちに出発し
無事伊豆入り、念願で有った河津桜もまったり鑑賞し、
久々に、ぬっは~って感じ(^◇^)

 ロマンテックに色々考えていたのよ、オイラ。
前編のタイトル通り「桜花の下で君と」・・・・

 そうは問屋が降ろさなかったのよね~。


 何故ってそりゃー早い時間だと人が少なかったので
良かったのですが、わずか1時間足らずで続々と人手が
増えまして・・・・・まいったね。

って所まで、ぞなもし。


それでは後編の、は・じ・ま・り~




ん~マリア様の顔色はすこぶる (^◇^)×2

しかし何とかロマンテックにしなければ・・・・

はしりながらなんか奇策考えよっと。


とりあえず、出発・・・・・って何処に。

下田方面へ。

国道135号を道なりに南下。

って今どの辺りって。

IMG_6307.JPG

ハイ、この辺ですって言っても分かりづらいので

IMG_6308.JPG

どうです分かりますたかね!!

そこから見える景色が

IMG_6309.JPG

ま、こんな感じでやんす。

この先「白浜海岸」も有りまして良いところなんですよ。

昔々確かまだ子供が小さい時に訪れた場所でして・・・
懐かしいな・・・・・

って事は置いといて。


出発進行、下田手前で脇道へ・・・・・

 県道116号を通りまして、観光客があまり訪れない
場所へ・・・・

マリア様  だんだん民家から遠ざかって大丈夫なの?
      また~なんか変な事考えてない~

オイラ  いえいえ飛んでも御座いやせんです姫。
     以前訪れた場所なのよね~
     今度来る時はマリア様と一緒って決めてたのよ。

     マリア様に見せたかった景色があるのよ。


で、とうちこ。

IMG_6310.JPG

恵比寿島だがや。

以前訪れた時のブログです。
http://akinai-cyaya2.blog.so-net.ne.jp/2016-04-13

でへでへ・・・・静かじゃチャンス到来?

 しかしこう言った場所に訪れますと、なぜかオイラ
火曜サスペンスドラマのテーマ曲が頭に流れるますです。

あ、あかん妄想が・・・・・

IMG_6311.JPG

ま、いたって普通の海ですが・・・・何か?


 そして小高い丘の上に・・・・・ひっそり佇み
人を拒むかのような・・・

IMG_6312.JPG

いえいえ決してそんな事は無いですよ。


わ・わ・藁人形が・・・・・あるわけないか(^◇^)


そして

IMG_6314.JPG

白くそびえ建つ巨塔・・・・ではないですね(^^)/



更に島の生い立ち

IMG_6315.JPG

ん、何千年いや何億年かけ・・・・勉強になるわ~


IMG_6316.JPG

エリカの咲く岬ってか。

サスペンスの始まりじゃ~

IMG_6317.JPG

波がドォーン×2

IMG_6320.JPG

何かが始まろうとしているのか、それとも終焉なのか

時は今、オイラに何をさせようとしているのか?

IMG_6321.JPG

波がすべてを揉み決してくれる事を願って・・・

IMG_6330.JPG

この清らかな海の水みたいに。

あ、もうすでに限界に達しているアチキ。

IMG_6324.JPG

おぅーし 絶好のロケーションしかも「岩の下」

IMG_6325.JPG

自然が作りだしたオブジェ

IMG_6326.JPG

ザッウェーブじゃ。

オイラトコトコと小走りに・・・・・

マリア様 そんなに先に行かないでよって

オイラ 聞こえなかったふりしときましょ。






おぅ~間に合った~男で良かった・・・すっきりした~

IMG_6323.JPG

証拠隠滅・・・・海と同化したのであった。

っとそこへ・・・・マリア様・・・・

やぁね~たぶんそうじゃないかと思ってはいたけれど・・・って。


IMG_6331.JPG

さざれ石交じりの地層。

横島なオイラでした。 チャンチャン。



ん~またもや奇策失敗じゃー。


そろそろお昼かな、めし・めし行くベー。


で、やってきましたですよ定番の場所へ

DSCF5157.JPG

でっけーサザエじゃのう。

開国下田みなとに到着。

DSCF5158.JPG

午後あたりから風が少々きつくなってきまして、少ししゃぶい
ですね。

で本日の健康食品で~す。

DSCF5161.JPG

贅沢は敵ですぞ~って言っても、今更ね・・・・
お味ですか・・・・んっとノーコメントにしときます。ハイ


土産物等々色々見て回ったのですが・・・
波長が合わないマリア様。

やっぱ普通の土産では納得いかないみたい。

恐ろしや×2


無事昼食を食べ終えたのですが・・・・

値段の割には・・・・


マリア様  以前東京浅草で食べた回る寿司美味しかったねって

オイラ   やっぱそう思います~


下田観光します?って聞いたら・・・・

結構人が多いからね~今度平日来た時ゆっくりまわろーね!って。


次いくで~


この先に、下田海中水族館手前にプチ見処があるよん。

細い道をスイスイと走り抜け

IMG_6334.JPG

ペリーさんってか。

IMG_6335.JPG

ひ・火・火じゃー

 火を見つめていますと、なんだがムラムラと燃える闘志が・・・


IMG_6337.JPG

IMG_6338.JPG

 アレレー橋を渡ろうとしたんですが、オマイゴット
通行止めじゃん。

橋の上で一枚パシャしたかったんよ~絵になりますもんね。

 しかし、なんたな~風がだんだんきつくなってきまして
天候大丈夫か~。

ここで少しの間、プカー&コーチータイムしていますと

なんだ・なんだー

IMG_6339.JPG

く・く・黒船が・・・・

IMG_6341.JPG

此方に向けて・・・

IMG_6345.JPG

こないか~きっと船の上、結構風が強いのでしょうかね。



船を見ながら、ボケーっと。

あ、そろそろ帰り方向で走りますよって。

 またまた国道136号を南下し途中県道16号線を走り
弓ヶ浜をパスしまして一路海岸線沿いをバカな話をしながら
石廊崎まで・・・・



でとうちゃこです。

IMG_6346.JPG

ゆ・ゆ・有料?・・・・まじかい。

確かバイクで来た時は、この手前の一般駐車場に止めたなー
って事で駐車。

だってガラガラだもん。

IMG_6348.JPG

流石入り江の中、風が無くていいわ~

散策行きますです。 ハイ

えっマジうそーほんとう、さ・さ・坂の上り・・・

 自分のペースで心臓に負担が掛からないようにボチボチ
休憩しもって行きましたがな。

IMG_6349.JPG

昔は土産物屋さん多く有ったのでしょう。

IMG_6350.JPG

結構入り江のせいか波穏やかで海が綺麗のよね。

IMG_6351.JPG

IMG_6352.JPG

奇岩が有りますね。

IMG_6353.JPG

もぅ少しじゃガンバ・ガンバ

IMG_6355.JPG

へーそうなんだ。


IMG_6356.JPG

結構風が強く波高かったです。


もしかして・もしかして伊豆最南端到着。

IMG_6357.JPG

IMG_6358.JPG

IMG_6359.JPG

しかし、すごい場所に建てたもんですね。

こりゃ大工泣かせだぜい。

IMG_6362.JPG

あの、あまり重いつめちゃダメよん!!

IMG_6365.JPG

ん~貸切状態かーチャンス到来。

バシバシ何すんのよーボコボコ#&)=)GUG%='(&'%&%

痛て・・・・恐怖じゃ・・・・・


あのね~この場所は~

IMG_6366.JPG

恋人達の聖地ですよって言ったら・・・・

すかさず、幸せの鐘無いでしょうが・・・・・

この~ど変態スケベーおやじ・・・・って言われ?無かったとか。

IMG_6368.JPG

 あかん、変な事したら・・・・ここでオイラが
しめられる。

IMG_6370.JPG

ま、見る物見たし帰るよん。

IMG_6373.JPG

それじゃさらばじゃ・・・石廊崎。


あ~きっと帰りは渋滞してるだろうなー。

DSCF5167.JPG

やっぱね。

DSCF5171.JPG

イヤイヤそうでも無いか。

DSCF5175.JPG

道中多少の渋滞が有ったのですが無事高速に。

高速に乗ったころには、

DSCF5184.JPG

すでに真っ暗。

横では、スースーいびき・・・・が。


腹減ったーって事でとあるSAにて

DSCF5186.JPG

本日一押しこれが一番旨かった(^◇^)

で別のSAで以前から気になっていた静岡おでん

DSCF5187.JPG

ん~今一ようわからん静岡おでん。


本日のお土産の一部

DSCF5189.JPG

DSCF5190.JPG

パクパクって食べたのよ・・・・

う・・・・味覚障害か・・・・・オイラ


本日はこれにて、おすまい。

最後までご覧頂き有難う御座いました。
今回もグダグタ゛でしたですね バイなら。





















追伸
 あー来週早々から出稼ぎか~
岩手県は釜石に2か月弱じゃバイクのれね~
ストレス貯まる一方じゃ。
nice!(32)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク